您現在的位置:網站首頁答辯論文教育論文

畢業論文 梁啟超譯《佳人奇遇》中翻譯的變形—作為描寫翻譯學的個案研究

  • 簡介:畢業論文-梁啟超譯《佳人奇遇》中翻譯的變形—作為描寫翻譯學的個案研究—,共56頁,,描寫翻譯學將翻譯作為一種文化和歷史現象,在目的語社會文化這個大環境中進行分析。關于描寫翻譯學的研究框架,霍姆斯(1972)將其分為三
    類型:word    頁數:56   
    資料包括:論文 外文翻譯   
    • 請與管理員聯系購買資料 QQ:5739126
  • 論文簡介
  • 相關論文
  • 論文下載
文件大。1.86MB
適用專業:日語
適用年級:大學
論文編號:209564

論文簡介:
畢業論文-梁啟超譯《佳人奇遇》中翻譯的變形—作為描寫翻譯學的個案研究—,共56頁,
描寫翻譯學將翻譯作為一種文化和歷史現象,在目的語社會文化這個大環境中進行分析。關于描寫翻譯學的研究框架,霍姆斯(1972)將其分為三個方面:成品研究(研究現有譯本)、過程研究(研究翻譯心理)和功能研究(研究翻譯在目的語社會文化中的影響)。
本論文以描寫翻譯學為基本研究視點,對梁啟超所譯日本政治小說《佳人之奇遇》進行分析。主要指出了以下三個方面的問題:
(1) 從成品角度來看,《佳人奇遇》基本采取直譯的方式,但其中存在大量的誤譯和增刪現象。與先行研究觀點不同,其同化現象并不明顯。
(2) 從過程角度來看,梁啟超選擇這一文本是基于清朝當時面臨內憂外患而日本則通過明治維新使國力得到增強這一社會背景,而其日語觀、文學造詣、政治思想則是誤譯和增刪的主要原因。
(3) 從功能角度來看,《佳人奇遇》提升了小說在中國的地位,豐富了小說的類別,促進了漢語的現代化。
記述的翻訳研究は、翻訳を文化的・歴史的現象とし、目的語の社會文化という環境において分析を行うものである。ホームズ(1972)は記述的翻訳研究の骨組みを以下のアプローチに分けている。A. プロダクト指向の記述的翻訳研究(存在する訳本に関する研究) B. プロセス指向の指向の記述的翻訳研究(翻訳者の心理に関する研究)C.ファンクション指向の指向の記述的翻訳研究(目的言語の社會文化における影響に関する研究)。
本論は記述的翻訳研究を基本視座とし、梁啓超訳の日本の政治小説『佳人之奇遇』に考察を加える。結論として、以下のことがまとめられる。
(1) プロダクトの角度から見れば、『佳人奇遇』は基本的に直訳という形で訳された作品であるが、誤訳や添削は大量に存在している。また、先行研究の観點とは違い、『佳人奇遇』における同化現象はそれほど明らかではない。
(2) プロセスの角度から見れば、梁啓超が『佳人之奇遇』という原本を選んだのは、當時の時代背景及び彼の個人経験が共に働いた結果である。さらに、彼の日本語観、文學造詣と政治思想の見地は大量の誤訳と添削が現れる原因である。
(3) ファンクションの角度から見れば、梁啓超訳『佳人之奇遇』は小説の中國文學における地位を高め、小説のジャンルを充実させ、中國語の現代化を促進した。


論文文件預覽:
共1文件夾,1個文件,文件總大。1.86MB,壓縮后大。320.43KB

  • 畢業論文-梁啟超譯《佳人奇遇》中翻譯的變形—作為描寫翻譯學的個案研究
  • doc畢業論文-梁啟超譯《佳人奇遇》中翻譯的變形—作為描寫翻譯學的個案研究.doc  [1.86MB]

查看評論 已有0位網友發表了看法
  • 驗證碼:
四川三人麻将 jdb电子龙王捕鱼移分技巧 手机千炮捕鱼 配资公司如何盈利 09期免费2码中特 大唐棋牌怎么下载 幸运飞艇最快开奖官网 广西11选5开奖结果今天 上海天天彩选4最新开奖结果查询 江西时时彩 走势 20选5规则及奖